Img_c7bd152d699bf7a2e107548ab5260b1c
『ゆめみるじかんよこどもたち』
               ティモシー・ナップマン 文
               ヘレン・オクセンバリー 絵
               石井睦美 訳
               BL出版 1620円
アリスとジャックが庭でボール遊びをしていると森の方からへんな
声がきこえてきました。アリスはちょっとおくびょうなジャックを
つれて森のなかへ。こわいこわい森のなか。ふしぎな声はいったい
なに?アリスも実はちょっぴりこわい。でも、何の声なのか
つきとめたい思いが勇気をふるいおこさせます。オリジナルは
2016年のイギリス。オクセンバリーの絵は、とても美しく
やさしい。ストーリーの展開に寄り添いながらクライマックスへ。
二人の表情のなんと素敵なこと。
Img_7943d401a56753ba8e863874338411d6
『スマート キーラン・ウッズの事件簿』
                   キム・スレイター 作
                   武富博子 訳
                   評論社 1512円
主人公キーランを取り巻く状況はとてもきびしい。
暴力的な養父と義兄。母は働きづめで、夫の圧力におびえています。
そんななかでもキーランと二人、身を寄せ合って生きています。
キーランはとび抜けて絵が上手なのですが、学校でいじめの標的にも
なっています。そんな状況でも、学校の先生や周りの優しい人々に
支えられながら、かしこくたくましく生き、ひとつの事件を解決します。
ミステリーの展開のおもしろさもさることながら、一人の少年の勇気と
成長がいきいきと描かれています。
イギリスの注目新人のデビュー作。
Img_756a741e55169fd39293b5750a3de04d
『さよなら、スパイダーマン』
              アナベル・ピッチャー
              中野怜奈 訳
              偕成社 1836円
ジェイミーは10歳の男の子。15歳の姉ジャスと父親との三人で、
ロンドンで暮らしています。姉ジャスは本当は双子なのですが、
もう一人のローズはロンドンでのイスラム過激派の爆発テロに
よって亡くなっています。それが原因で母親は、家族を置いて
一人出て行きました。そして父親はそれ以来酒びたりで仕事も
していません。そんななか三人はロンドンから田舎のアンブルサイド
に引越しました。新しい学校でジェイミーはイスラムの子スーニャと
出会います。この出会いによってジェイミーにそして家族に、どんな
状況や変化がもたらされるのか?
今世界で勃発するテロが人々の暮らしに与える影響とは何なのか?
人々の日常から見えてくるもの、考えなければならないことが
物語を通して力強く私たちに迫ってきます。イギリスの新人作家の
力作です。


Img_098c66db6600295293e771d0528b0e8c
『ファニー 13歳の指揮官』
             ファニー・ベン・アミ
             ガリラ・ロンフェデル・アミット編
             伏見操 訳
             岩波書店 1620円
この物語は、フランスに暮らしたユダヤ人少女ファニーの事実に
基づいたものです。
1943年、第二次世界大戦の最中ユダヤ人迫害から逃れる子ども達。
まだ13歳の少女が、スイスまで逃れる旅の途中、引率者の青年が
逃走したことによって大勢の子どもたちの命を預かるリーダーを
まかされることになるのです。
過酷な日々を送る逃避行。手を差し伸べる人々の力を借りながら、
強く生き抜こうとするファニーと子どもたち。
この物語は、懸命に生きる子どもたちの姿を通して、様々なことを
私達につきつけてきます。

Img_bc8fbcb8ea5fa7e87ec51c8635636bbd
『わたしがいどんだ戦い1939年』
               キンバリー・ブルベイカー・ブラッドリー作
               大作道子訳
               評論社 1728円
時は1939年第二次世界大戦さなかのロンドン。母とエイダと
弟ジェイミーの三人暮らし。極貧の生活ですが、さらにエイダは
足が悪く、立って生活することもできません。母からもひどく
虐待を受けています。戦争が激しくなるなか、子どもたちを
疎開させる動きになるのですが、エイダは不自由でままなりません。
エイダの努力が実を結び疎開することになります。
自分らしく生きるために戦う少女と、彼女をあたたかく包む村の
人たちを描く力強い物語。


Img_d8281d9aca36520c3e8cf03ac0293f7a
『夢の川』
     マーク・マーティン 作
     海都洋子 訳
     六耀社 1620円
わたしの部屋の窓から川が見えます。川は左のずっと遠くから
流れてきて、右のほうへ遠く流れていきます。
わたしはときどき小さな銀の舟に乗って、この川をずっとむこう
まで流れていったら、なにがあるのだろうと考えます。
街から街へ、そして工場街、そして農場へと続きます。
いったいどこまで行くのだろう。もっともっと知らない世界へと
続きます。
“川”“河”を描いた絵本はいくつもありますが、この作品の絵は、
特に美しい。川の流れによってもたらされる世界を神秘的に描き
出しています。
Img_8ec5da85865413abf1b423826e6397fa
『こどもってね・・・』
           ベアトリーチェ・アレマーニャ 
           みやがわえりこ 訳
           きじとら出版 1728円
ちいさな手、ちいさな足、ちいさな耳。
だけど、あなまのなかは
おおきな わくわくでいっぱいなんだ。

こどもってね、よくなくんだ
石が池に おちちゃった。

シャンプーで 目がチクチクする。
ねむいよ。 まっくらだ。
ちゃんときこえるようにおおきなこえでなく。

いろんなこどもたちにいろんな姿、いろんな表情、
いろんな心のなか。
この絵本を見ていると、なんだかこどものことが少しわかったような
気がする。こどもを描く、力強くあたたかな絵からいろんな事が
伝わってくる。イタリアの絵本です。